紫外線対策を行う

紫外線はお肌の大敵です。
ですからキチンとしたケアをしなければいけません。

特に4月から5月の紫外線は強いということなので、美白コスメも普段より多めに使っています。
美白クリームを普段からのケアにプラスしているので、紫外線のダメージをその日のうちにケアするようにしています。
また体にも使うことが出来る日止めクリームを使って、日焼けをしないように心がけています。

1週間に1度はパックをして、集中ケアをするようにしています。
特にお風呂に入る時に行うとより効果がある、ということなのでバスタイムを使ってケアをするように心がけています。

毛穴が気になる時には、オロナインパックをしますし、ピーリング化粧水を使うこともあり、そうすることによって毛穴の黒ずみ対策も行うことが出来ます。
色々なケア方法を試した結果、自分に合うケア方法を見つけることが出来たので良かったんじゃないかなと思います。

コスメもケア方法も自分に合うものを見つけるまで時間がかかりました。
色々試せて良かったのかもしれません。

 

何が自分の性格に合っているか

きれいになりたいと日頃から考えています。
もうちょっと詳しく言えば、抗老化にとても興味があるのでずっと若々しくいるにはどうしたらいいのかとよく考えます。

ただ何となく美しくなりたいと思っているより、若々しくいるために何をしたら良いかを考える方が美容効果がアップします。
アンチエイジング法はよく体を動かします。
自分は長年運動を続けていて同年代の女性と比べると見てくれも体の内部も若いと感じています。

お肌の状態も歳のわりにハリがあり毛穴も閉まっています。
運動を日常的に続けている成果でしょう…。

老化を食い止める方法は運動だけと限りません。
食生活に気を遣うことでもアンチエイジングが可能だし、入浴法で若さを調節することもできるのです。

何が自分の性格に合っているかを見定めることが大切です。
汗を流すことが好きで抗加齢にはそれをする必要があると信じきっているので運動はやめられません。
汗は水分補給をすればどんなに流しても悪くはないと思います。

 

効果がある分だけお肌にも負担になるサンスクリーン

サンスクリーンについては年間を通して使用していますが、夏の時期だけ使用するという方もたくさんいると思います。
紫外線に関しては、冬の時期は弱いのですけど、日焼けはしてしまうのです。
そして三月あたりから強くなり、つゆの季節が非常に強いようです。

しかも雨天や家の中にいても、紫外線というのは窓や洋服を通り抜けてしまうので毎日率先して日焼けしないように努力しています。
すぐに日焼はしてしまいますが、そのあとのシミやシワになった肌のお手入れというのは本当に大変です。

あと日焼止めのローションも年中同じ物は使わず、季節などの状況でいくつかを使いわけています。
容器に書いてある数字が、大きいほど紫外線を防ぐ効果が高いのですけど、効果がある分だけお肌にも負担になるのです。

日焼け止めには色々な種類があります。
顔だけや全身に使用できるもの、そして液体の物やクリームタイプ、粉状の物などあるので、自分の体質に合ったものにしたらいいのではないでしょうか?
ここ最近では化粧品自体に日焼け止めの成分が入っている物が多数売られていますが、しっかりやることで予防できるのだと思っています。